必ず審査が必要

お金を借りるという時は必ず審査を受けなければなりません。キャッシングのために審査を受けるのは面倒かもしれませんが、これを受けないと本当に貸していいのか判断を付けることができません。多重債務で返ってこないような状態になっていないか、返済できるだけの能力はあるのかを業者は確認し、実際にお金を貸せる金額の決定を行うことになります。

仮に無審査で貸している所があれば、それは貸金業者ではありません。明らかに問題のある団体だと思うので、そんなところではお金を借りないようにしてください。正しい貸金業者は間違いなく審査を行っており、駄目なら貸せませんという判断をしているのです。これは審査基準がさほど厳しくないと言われているキャッシング系でも同じことなので、審査をしていない会社は存在しないと思ってください。

自分がどれくらい借りてもいいのかを判断するためには審査を受けなければなりません。そして審査を受けることによって最適な金額を導き出され、ここまでなら借りても問題がないことを知ることもできます。不満があるなら後から増額・増枠申請を行う方法で調整し、最初はその金額で利用するようにしてください。審査は確実に行われ、最終的にどうなるのかを判断しています。おまとめローンとして利用するためにバンクイック増枠、みずほ銀行カードローン増額の申込みをし、承認された場合借金の一本化をすることができます。

消費者金融を複数借りるよりも1社で増枠・増額した方がお得です

カードローンを契約する時、消費者金融で契約して借入限度額を使い切ったから、今度は他で借りようと考える人は多いです。しかしそれは損な話です。何故なら他で借りる時は、また1から契約書に記入して審査を受けなければなりません。それならば今借りているところに借入限度額の増枠をお願いすればいいです。厳重な審査の結果、今の借入限度額に決まったからもう限度額を増やしてもらえないと思えがちですが、返済実績が出来た後なら増枠は簡単にしてもらえます。

契約時は返済実績が無かったから、借入限度額も低くされていただけで、返済実績が出来た後でしたら、正常な借入限度額で融資をしてもらえます。しかし他の消費者金融なら初回金利無料サービスが有ってその分金利がお得になるから、新規で契約した方がお得になります。だけど金利無料サービスは期間が有って、その期間を過ぎれば無料で無くなります。

それならば今の所で借入限度額を増やしていけば、100万円以上になると金利が下がって、長い目で見ればこっちの方がお得になります。金利引き下げの条件として100万円以上借りる必要は無く、借入限度額が100万円以上になるだけで金利が下がりますから、他で借りるくらいなら1社で増枠していく方が、金利で得になるということです。

大手消費者金融には仮審査があります!

大手消費者金融のホームページには、だいたい審査の通過ができるかどうか「簡易審査」でチェックできるようになっています。
入力項目も3~6くらいで1分もかからずに終わります。
初めて消費者金融を利用するので多少躊躇しているような人はここから始めるケースが多いです。

カードローンの審査の時に属性で重視される項目とは

カードローンの審査を受ける時は申込書に正確な内容を記入して本人確認書類や金額に応じて収入証明書を提出し、審査を受ける必要があります。審査の方法は記入した内容を参考に判断し、勤務先や雇用形態の状況や生活状況などの属性や信用状況など参考にスコアリングをして判断されます。
カードローンの審査の際に属性で重視される項目は安定した収入があることを証明する必要があり、勤続年数が長く正社員として勤務することや賃貸ではなく持ち家など不動産を所有するなど生活の状況を重視します。カードローンは低金利で多くの金額を融資するため確実性を求めるため、今後の収入の見込みなどを判断して慎重に審査をすることが特徴です。

即日審査・即日融資が受けられる銀行カードローン

銀行はもともと大口融資が得意で個人向けの小口融資は不得意にしていました。
そのため個人の方が即日審査・即日融資を受けたくても難しかったのですが、最近では保証会社と契約して審査を担当して貰っている銀行が増えてきました。
みずほ銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行バンクイック、新生銀行カードローンレイクなどいろいろな銀行カードローンで即日審査・即日融資を行っています。
銀行から融資を受けるとなると保証人が必要でしたが、銀行カードローンでは保証会社の保証が受けられることを条件に保証人不要でお申込みすることが可能です。
保証料は金利に含まれており、ご利用者が保証会社へ直接保証料をお支払いする手続きは行わずに済みます。

1ヶ月に数回の申込みは危険

申し込みブラックが起こる原因としては、落とされたのにすぐに申込みを行って、また落とされるという状態を続けていることにあります。この状態になると、会社側も相手をしたくないと考えてしまうので、当然のように審査落ちを考えることとなります。最終的に申込みをしても、相手をしないようにするための措置として、申し込みブラックがあります。
1ヶ月に数回も申込みをするのは危険なことですので、申し込みブラックにならないためにも、落とされたら暫く考え直した方がいいです。落とされ続けると、キャッシングやカードローンをいざという時に利用できません。

バンクイックの在籍確認についてはリンク先のページを参考にしてみてくださいね。